Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter

カルチャーショックとアラウディン

アッサラーム・アライクム!もう覚えていただけましたか?イスラム教徒の方々への挨拶の言葉ですよ(実は、ベンガル語ではなくアラビア語)。
バングラデシュ事務所カントリーマネージャーの本村です。

さて、突然ですがクイズです。長崎といえば、長崎ちゃんぽんですよね。では、ダッカといえば?

・・・・

・・・・

・・・・

答えは交通渋滞!!(料理じゃないんかいというツッコミはさておき)。
去る2015年6月16日にダッカに着任した時、当事務所の運転手さんのアラウディンがジャムジャム言っていて、一瞬なんらじゃらほいと思ったのですが、Traffic jam(英語で交通渋滞の意)のことだったんですね。本日は、交通渋滞に関連して、私がダッカ赴任後に受けた数少ないカルチャーショックと、当事務所の運転手さんをご紹介します。

バングラデシュの首都ダッカで働く外国人にとって、関係先とのアポイントメントの時間設定は、非常に頭を悩ませる仕事のひとつだと思います。なぜなら、交通渋滞による時間のロスをどれくらい見積もったらよいか、事前に読めないから!ひとたび車で外出をすれば、リキシャにバスにCNG(シー・エヌ・ジー、圧縮天然ガスを使用)、リキシャバン(リキシャに荷台がついた乗り物)にリグナ(一度に14名乗車可能な小型バス)、富裕層を中心に増えている自動車、そして近年特に若者達の間で人気を集めている自転車や二輪車が、我こそ先にと縦横無尽に走り回り、世界最悪とも言われる交通渋滞を作り上げています。街に信号は少しはありますが、交通整理をする警察官の方々が大忙しです。

左写真:駐輪されている二輪車、右写真:バスの運転手さん
    ※二輪車市場はインドメーカーがリードしている           ※お髭が立派なバスの運転手さん

左写真:走行中のCNGを後ろから撮影、 右写真:レトロな自転車    
※主に中間層以上が利用するCNG(シー・エヌ・ジー)      ※レトロな自転車。若者にはマウンテンバイクが人気。

ダッカの交通渋滞への対処方法としては、私の場合は、最低30分くらいは移動時間を多く見積もります。例えば、アポイントメントが朝10時からの場合、車での移動に1時間かかりそうなら、8時半には事務所を出ます。それくらい早く出ないと、安心して車内で新聞も読めません。雨が降ってきたりすると、更にリスクは高まるからです。

と、ここでちょっとしたカルチャーショック。というのは、これは別の方のアポイントメントに同行したときの話ですが、交通渋滞が原因でアポイントメントの時間に30分ぐらい遅れても、先方はあまり気にしている様子がないのです。もちろん、交通渋滞にはまって、アポイントメントに遅れそうだとわかった時点で一報は入れるのですが、どうも皆さん、ダッカは交通渋滞がひどいので、相手がアポイントメントに遅れるのは織り込み済みのようなのです。

とはいえ、アポイントメントに遅れないほうがいいのは、当然のこと。ここで、当事務所のスーパー運転手さん・アラウディンを紹介します。

 運転手のアラウディン氏と愛娘アリブ         
                     ※アラウディンと愛娘アリブ

いま40歳の彼は、バングラデシュ南部の港町ボリシャルの農村部出身。5歳になったばかりの愛娘アリブを含む家族を残し、ダッカで単身赴任しています。英語でもコミュニケーションが取れる彼は、ボリシャルで患者や遺体を搬送する救急車を運転していた経験もあります。基本的に安全運転でありながら、ダッカの裏道もよく把握していて、住所を渡せば、目的地まで最短距離で我々を運んでくれます。また、記憶力が非常に良く、一度行った場所はルートを大抵覚えています。結果として、交通渋滞に時折は巻き込まれながらも、私や関係者を安心してアポイントメントに間に合わせてくれるというわけです。

我々の駐在員生活は、アラウディンのような優秀なスタッフたちに支えられています。家族から離れて頑張る彼のためにも、彼の家族のためにも、私も頑張らねば。ではまた次回!

バングラデシュ・マイクロファイナンス・インターンシップ研修

アッサラーム・アライクム。アマール・ナーム・モト。
いきなり私も勉強中のベンガル語で始めてしまいましたが、
皆さん、ケモナ・チェン?(How are you?)アマール・ナーム・○○は、私の(アマール)名前は(ナーム)○○です、という意味です。モトは、私、本村のニックネームです。

アッサラーム・アライクムは、英訳するとPeace be upon you、和訳すると「あなたに平和がありますように」という意味で、便利な挨拶の言葉です。こんにちは、もしくはこんばんはという意味で、イスラム教徒の方々に使います。イスラム教徒以外の、仏教徒、キリスト教徒、ヒンディー教徒などの方々には、「ノモシュカール」という言葉を使います。ですので、読者の皆さんがイスラム教徒の方でなければ、冒頭の私の挨拶は間違いです。すみません(笑)。

さて、今回のブログは、弊財団が9月6日(日)~12日(土)にバングラデシュ北部ボグラをフィールドに、現地NGO・テンガマラ婦人協会(以下TMSS)と協働で企画している「バングラデシュ・マイクロファインナンス(以下MF)・インターンシップ研修」のご紹介です。もとい、熱烈宣伝です(笑)。コースパンフレットは弊財団ホームページのトップページにもリンクを既に掲載していますが、バングラデシュ側でTMSSと力を合わせて、皆さんの学びを応援する現地事務所の立場から、本研修の特徴(ウリ)を、美味しいベンガル料理のごとくスパイスを加えながら述べてみたいと思います。

北部ボグラの田園風景と農村部の風景
※北部ボグラの田園風景                   ※北部ボグラ農村部の風景

【本研修の特徴】
・その1:事前研修で基礎知識を習得
本研修の参加者は、バングラデシュに渡航する前の国内事前研修として、Dr. Stuart Rutherford氏による講義を受けることができます。彼は、MFの発祥地バングラデシュで、自身がMF機関を設立・経営し、研究だけでなく実践にも取り組んできたMF研究の第一人者です。研究だけの学者にありがちな机上の空論ではなく、実践者そして組織の経営者としての様々な経験も踏まえながら、MFの基礎とバングラデシュのMFの今を学ぶことができるでしょう。

・その2:NGOでインターンシップ
本研修の最大の特徴であり、他のスタディーツアーや海外研修では体験し得ない研修内容は、バングラデシュ有数のマイクロファイナンスNGOであるTMSS(スタッフ数14,500人以上)で、そして彼らの本拠地である北部ボグラでのインターンシップです。更には、TMSSは、バングラデシュの他のマイクロファイナンスNGOでは類を見ない「HEM(Health, Education, Microfinance)」という独自のMFプログラムを提供していますので、MFだけでなく、借り手への教育と医療のサービスの現場を見ることができます。研修に同行するTMSSのスタッフは、MBAの学位取得に加え、TMSS以外のMF機関でも働いた経験が豊富で、英語も堪能ですので、参加者の学びを助けてくれることでしょう。
現地NGO・TMSSの本部ビルの写真と医療アシスタントとTMSSスタッフの写真
※現地NGO・TMSSの本部ビル                   ※医療アシスタントとTMSSスタッフ

・その3:安心の現地サポート体制
政治的な混乱も多く、何かと危ないイメージが付きまとうバングラデシュ。研修参加にあたっては、治安に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。でも、ご安心ください。本研修の現地日程では、日本語も話せる当財団バングラデシュ事務所の現地スタッフが同行いたします。また、ボグラにおいては、TMSSは地域住民によく知られた存在であり、警察やボグラ県の県庁などにも強いネットワークを持っているため、参加者本人がよほど危険な動きをしない限り、参加者の身に危険が及ぶことはないと考えられます。

以上が、本研修の特徴になります。いかがでしょうか?かつてアジアの最貧国といわれたバングラデシュは、すでに低所得国から卒業し、低中所得国の仲間入りを果たし(世界銀行アトラスベース)、社会は転換期にあると感じます。このタイミングで、本研修に参加し、途上国から先進国に普及するマイクロファイナンスの在り方を考えて頂くことは、参加者の皆さんにとって、非常に貴重な機会だと考えます。本研修にご興味を持たれた方は、こちらからコースパンフレットなどをご覧いただき、参加をご検討いただければ嬉しいです。
雨期のバングラデシュにて、皆さんのご参加を心からお待ちしております。

現地NGO・TMSSを訪問

こんにちは、アライアンスフォーラム財団ダッカ事務所長兼プログラム・マネージャーの本村(もとむら)です。本ブログを読んでくださってありがとうございます。

さて、皆さんは、NGOというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
NGOとは、Non-Governmental Organizationの略で、日本語で言えば非政府祖組織。日本で最近よく耳にするようになったNPO は、Non-Profitable Organizationの略で、非営利組織のこと。広義には、NGOはNPOに含まれます。日本では、NGOは「国際協力に携わる民間の非営利団体」という意味合いで使われますが、ここバングラデシュでは「貧困層に福祉と開発サービスを提供する組織」と定義するのが一般的です。そのNGOがバングラデシュでは、社会サービス省に登録されているだけで2万3000団体以上(2000年の段階で)も存在することから、バングラデシュはNGO大国と呼ばれます。そして、私が15年以上前にバングラデシュをフィールドとして教育開発を研究していた頃からそうですが、バングラデシュでは、企業や政府と比較して、NGOの社会的な存在価値が非常に大きいです。日本でよく知られているNGOでは、創設者のムハマド・ユヌス氏と共にノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行、アーロン(Aarong)というバングラデシュで最も有名なハンディクラフトショップを有するバングラデシュ最大のNGO・BRAC(ブラックと読みます)があります。グラミン銀行が運営する携帯電話会社グラミンフォンは、なんとバングラデシュ最大の法人税の納税者であり、最大の雇用提供者でもあります。

今日は、バングラデシュの現地NGO、TMSS(Thengamara Mohila Sabuji Sangha、テンガマラ婦人協会)の本部を訪問した日のことをご紹介します。今回の訪問目的は、私のダッカ事務所着任のご挨拶と、今年9月にアライアンスフォーラム財団とTMSSが協働で企画しているバングラデシュ・マイクロファイナンス(Microfinance、略してMF)インターンシップコースについての打ち合わせでした。TMSSは、組織名にも婦人という言葉が入っているとおり、主に女性と家族の生活向上を通じた貧困撲滅、社会経済開発を目的にバングラデシュ北部の街ボグラで1980年に設立されて以来、バングラデシュ全土で60以上に上る様々なプロジェクトを活発に実施している団体です。1980~90年代のBRACのような勢いのある現地NGOです。彼らとの打ち合わせということで、とてもわくわくして出かけました。

 TMSSの事務所について、まず驚いたのは、彼らは大きなビルをひとつ丸ごとオフィスとして使用していることです。前述のBRACやグラミン銀行のビルも大きいですが、まずその事実に驚かされます。また、TMSSのオフィスビル内には、彼らが運営しているクリニックもありました。

  

TMSSオフィスビル前の写真と、TMSSオフィスビル内にはクリニックの写真

※(写真左)TMSSオフィスビル前で(前方はナビさん) 、(写真右) TMSSオフィスビル内にはクリニックも

マイクロファイナンスを担当する部署のDirectorは、もちろん英語は堪能で、非常にロジカルな上に人柄も良く、TMSSの人財の質の高さを感じました。バングラデシュ国内だけでなく、スリランカやベトナムでも、SME(Small and Medium sized Enterprises、中小企業)や農業分野でマイクロファイナンスコースを計画しているとのことでした。また、バングラデシュ国内では40種類以上もの研修を実施しており、私がダッカから離れた彼らの本拠地ボグラにおいて、実際のマイクロファイナンスの現場を視察したいと要望を出すと、すんなり受け入れてくれました。やはり現場に行かないと、何も見えません。彼らと共に現場を見に行き、9月にバングラデシュMFインターンシップコースを提供するのを楽しみにしています。ちなみに、コース対象者は、学生さんや社会人です。本ブログでも広報させていただこうと思いますので、どうぞお楽しみに。

新バングラデシュ駐在員の自己紹介と、社会変化、料理について

 当財団のバングラデシュ日記を読んでくださっている皆さん、初めまして&こんにちは&こんばんは。
本村(もとむら)公一と申します。
2015年6月から、当財団(Alliance Forum Foundation、以下AFF)バングラデシュ事務所で事務所長兼プログラム・マネージャーとして駐在させて頂くことになりました。
私のバングラデシュ日記では、駐在員の日常の一コマからはじめて、徐々にバングラデシュの治安状況や、AFFが現地NGOや社会企業と連携して取り組んでいる事業、例えばマイクロファイナンスに関係する業務のことなどを書いていきたいと考えています。

※ バングラデシュは、日本語表記であるバングラデシュ人民共和国の通称です。ベンガル語で、バングラが「ベンガル(人)」を、デシュが「国」を意味しており、合わせて「ベンガル人の国」となります。バングラデッシュ、バングラディシュ、バングラディッシュと記述されることもありますが、少なくとも後二者はベンガル語の発音に対して不自然な標記です(wikipediaより)。

 まず初めに、私の簡単な自己紹介をさせてください。
昭和51年長崎生まれ、広島・名古屋・東京・南アフリカ・フィリピン・ラオス育ちの39歳(アラフォー)です。不惑目前の瀬戸際です。
趣味は、表向きは写真、旅行、読書、映画鑑賞と、時々思い出したようにやるランニングと空手。裏の特技はヌンチャクです。部下を輝かせるべくコーチングを学び中で、直近で感動した映画は、余命6ヶ月を宣告された実業家と自動車修理工のおじさんがガン病棟の一室で意気投合し、死ぬ前にやっておきたいこと記した棺桶リストを次々に実現していく「最高の人生の見つけ方」です。

バングラデシュには、大学卒業間近に店番ボランティアをしていた広島のNGO・HOPEのスタディーツアーに参加させていただく形で、首都ダッカとバングラデシュ最大の港湾都市チッタゴン、そして同国隋一の観光地コックスバザールを訪れました。PHLSという現地NGOが運営するノンフォーマルスクールは、緑がとても美しい田園風景の中にある、日本でいう雪で作ったかまくらのような建物が校舎として使われ、そのなかで授業が行われていたことがとても印象に残っています。

 さて、誕生日に羽田を発ち、バンコク経由で6月16日(火)に、ダッカのハズラット・シャージャラル国際空港に降り立った私は戸惑っていました。なぜなら、空港を出て目に飛び込んできた風景は、15年以前に初めてバングラデシュに降り立った時の風景とは、明らかに異なっていたからです。
15年以上というときの移り変わりから、ある程度の社会変化は予想していたものの、暗闇の中にギラギラと光る白い眼の数々はそこにはなく、整然とした道路を走る車や二人乗りのオートバイが闊歩していました。異様とまで映った当時のダッカ空港の風景からは一変していました。
街中を車で走ると、とある変化に気づきました。リキシャ(人力車の三輪自転車版)の数が減っているのです。空港で感じた、車やオートバイそして圧縮天然ガスを使ったCNG(三輪タクシー)が増えたことと関係するのでしょうか。聞けば、外国系企業や大使館が多いエリアであるグルシャン通りによっては通行不可のところもあるとのこと。政府がリキシャを排除する方向で規制を強めたのか、それとも何か他に要因があるのか、地方からの出稼ぎ労働者をはじめとする貧困層男性の職業のひとつとしてのリキシャの運転手(ベンガル語でリキシャワラ)が減ったのではと心配になりました。と思って調べてみると、なんと、労働市場の多様化が進んでいて、より条件のいい仕事が選べるようになってきており、リキシャワラのなり手が減ってきているというのがリキシャ・オーナーたちの談。しかもリキシャにモーター駆動システムをつけた電動リキシャ(オート・リキシャ)も登場したとのこと。時代は変わるものですね。ただ、首都ダッカでは、電動リキシャの走行は禁止されているようです。

ハズラット・シャージャラル国際空港

※ハズラット・シャージャラル国際空港ターミナルビル出口付近

  私を空港で出迎えてくれたのは、AFFバングラデシュ事務所シニアマネージャーのナビ(Nabi)さん。おひげを蓄えた風格のあるおじさんです。日本での企業勤務経験もあり、流暢な日本語を話します。が、なぜか私達の会話は英語。そして、車を運転してきてくれたのは運転手のアラウディン(Alauddin)。彼も簡単な英語でコミュニケーションできます。「アッサラーム ワライクム」(ベンガル語で、おはよう・こんにちは・こんばんは・さようなら。直訳すると「平和をあなたに」です)。「ワライクム アッサラーム(あいさつへの返答)」で私達の会話は始まりました。

 バリダラという地区にある事務所に着いて、早速、ライフラインを確保すべく、現地大手の電話会社グラミンフォン(Grameenphone)の店舗に車で向かいました。日本の友人からもらってきた携帯にSIMカードを入れてもらい、契約をして、設定完了(後日、同携帯は設定の問題か使えないことが判明したため、こんなこともあろうかと持ってきた他の機種に変更)。モバイルパソコン用にUSBスティック型モデムにも料金チャージ完了。なんてスムーズ。もしかしたら、携帯電話やWifiに関しては、バングラデシュのほうが日本よりも進んでいるかもしれません。

 どこの国で働くにも、健康管理のために一番大事なのは食事。バングラデシュで私が食べているものをご紹介します。
バングラデシュ料理の特徴としては野菜や魚を多く使います。「ベンガル人は米と魚で出来ている」とも言われているそうです。料理名としては、まずはやっぱりカレー。バングラデシュはイスラム教(ムスリムとはイスラム教徒のこと)の国なので、豚肉は食べません。代わりに、定番はマトン(羊肉)、そして鶏肉と牛肉。もちろん魚や野菜のカレーもあります。現地の食堂でカレーを注文すると、ダルという豆のスープが付け合せについてくるので、これをカレーにかけると味がマイルドになります。そして私がテイクアウトでよく食べるのがビリヤニ(ベンガル風ピラフ)。他にもキチュリというカレー味の煮込みご飯もなかなかのお味です。
ところで、郷に入っては郷に従えがモットーの私としては、最初は右手を使って食べていました。おにぎりと同じで、手で食べると美味しいですし。指先をスプーンのようにして、米と具を混ぜて親指でお米を押し出すのです。が、今回は事務所長として来ており、お腹を壊したりすると管理業務に支障が出るため、お腹が慣れるまではと思い、2回目以降はスプーンとフォークを使って食べています。
他に、バングラデシュに来て初めてみた果物で「ジャム」という果物。一瞬、ブルーベリーみたいな味か?と思いそうな色をしていますが、実際に食べてみると渋みが強くて独特の味です。「地球の歩き方」によれば、ジャムは塩やスパイスで景気払い的に食べるとのこと。景気払いって何!?と突っ込みを入れたくなりますが、それはじきにベンガル人たちに聞いてみることにして、今回のブログは、この辺で終わりたいと思います。

バングラデシュの料理、果物

バングラデシュでマイクロファイナンスを学ぶ -5-(最終回)

研修を終えて、最後に

顔の見える金融コースの最終日となりました。

一週間の間にバングラデシュの貧困層、そしてその貧困を削減しようと日々努力する人々と出会い、すこしでも貧困について学べたのではと思っています。
ハシミ教授の陽気な性格とエネルギッシュな声が合わさった非常に活力のある授業を通して、バングラデシュに存在するNGOの歴史やマイクロファイナンスの起源について学ぶことができました。私を含めた参加者たちは真剣にクラスディスカッションに参加していて、非常に活気のあるディスカッションを行うことができました。

また、何よりも一番名残惜しいのがBRAC大学で食べたタンドリーチキンです。授業後の昼食に食べたタンドリーチキンは格別においしく、サフランライスもほほが落ちるほどの健康食でした。ここで食べた本場のタンドリーチキンは日本でも会えるのかと、とても不安になってしまいます。

初日に起こった大停電や、ホルタルを経験することによって、海外の生活文化や価値観の重要性を認識することができました。これらの経験はバングラデシュについてすこし理解を深めることができた貴重な時間だったと私は考えています。

私が、この研修で強く感じとることができたのは、多くのNGO設立者や社会起業家が持っている社会貢献への情熱でした。彼らは世界の中でもトップのエリートコースを歩んでいたのにも関わらず、社会的弱者の自立を促す事業を考え、実行している所に私は感銘を受けました。私は彼らの成功は情熱が大きく関わっているのではないかと思います。

明日、日本へ帰国しますが、またバングラデシュへ戻ってみたいです。
マイクロファイナンスコース 受講生記念撮影