Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter

バングラデシュでマイクロファイナンスを学ぶ -4-

バングラデシュの社会企業家たち

今回は私が受けた講義を紹介したいと思います。このコースではマイクロファイナンスの理論だけではなく、ソーシャルビジネスやそのようなビジネスを行う起業家たちの話を聞く機会もありました。Solaric社とBangaldesh Petrochemical Limited(BPCL)という二社の創設者から直々に講演を聞くことができました。

最初の講演はDidar Islam氏、Solaric の創設者です。まず初めにバングラデシュのエネルギー事情についての説明を聞き、日本との違いに驚かされました。バングラデシュが使用する88%もの電力は天然ガスから生産されており、そして人口の55%の人々がその電力を使っています。その一方で残りの人口の約半分は電力の届かない暮らしをしています。そのような人々はオフグリッドエリアと呼ばれる、電力が供給されていない地域に住んでいるため、冷蔵庫やコンピューターが使えません。

今回、話を聞いたDidar Islam氏はアメリカのフロリダでラジオチップの製造業に関わっていましたが、2007年に退職しました。彼はバングラデシュに住む人々の暮らしをよくするために帰国し、電子工学の経験を生かして、低コストで持続性のある太陽光パネルの開発に取り組み、それと同時にSolaric社を立ち上げました。彼が考案した太陽光パネルを使用した電力供給モデルは、オフグリッドソーラーといわれ、バングラデシュでものすごい速さで普及しており、貧困層にエネルギー源を提供するという快挙を成し遂げました。(写真:Solaricの創設者、Didar Islam氏)
Solaric社創始者のDidar Islam氏による講義の模様

もう一人の起業家はKhadem Mahud Yusuf氏、BPCLの創設者です。BPCLはペットボトルの原料であるPETポリエスチレンテフタラートのリサイクル事業を行っています。Khadem Mahud Yusuf氏は、米国の通信業でエンジニアとして働いたあと、2003年にバングラデシュに帰国しました。バングラデシュでNokiaやBRACNETに勤めたあと2011年にBPCLを立ち上げ、バングラデシュでPET生産・リサイクル事業を始めました。

バングラデシュでは、1984年にBRACとバングラデシュ政府が共同でおこなった Oral Rehydration Therapy という口や手の衛生管理や飲料水の安全性についてレクチャーをするプログラムがありました。このプログラムのおかげで、下痢や腹痛を抱える子供たちが減り、バングラデシュ人の全体が衛生管理の重要性に着目するようになったのです。現在のバングラデシュでは、飲料水は必ずペットボトルまたは沸騰したものでなければいけないということが、当たり前のようになっています。バングラデシュに安全な水を供給する入れ物として使われるPET。Khadem Mahud Yusuf氏はPETを国内で生産およびリサイクルすることで、雇用をつくり、飲料水の生産のコストを下げ、安全できれいな水がしっかりと人々の手に渡るように目指しています。

 私は二人の社会起業家の話を聞いて、社会に貢献をするというのは実にさまざまな方法があるのだなと感じました。何よりも私は彼らの志に感激しました。二人の起業家は海外で活躍していたのにも関わらず、バングラデシュの人々の暮らしを改善するために、考え、帰国して、今このような活動をしているのです。日本とバングラデシュでは環境も文化も違いますが、社会の為に何かしたいという考えは変わらないのです。

バングラデシュでマイクロファイナンスを学ぶ -3-

リキシャとホルタル

今日はダッカの街の様子についてお伝えしたいと思います。
研修の間、本来であればホテルからBRAC大学までの道のりはバスで移動する予定だったそうです。しかし今日もBRAC大学まで、16人の参加者はリキシャと呼ばれる人力車でムカデのような長い列を作りながら、大学へ向かいました。

人力車は京都などでは観光の一部となっていますが、ダッカ市では重要な移動手段であり、低所得層の重要な収入源となっています。都市部での交通設備は(思っていたよりも)整備されているものの、頻繁に起きる停電によって信号や街灯が消えるため、非常に移動がしにくいのです。地下鉄が通っていないため人々は車やバスといった交通手段に頼っています。そのため、帰宅ラッシュ時には、交通渋滞が起こり、道路がマヒしてしまうこともあります。しかし人力車は2人(無理やりつめれば3人)乗り用の移動手段で、小回りもききます。車が通れない道もすいすい進めるので、バスからでは見ることのできなかったであろう町並みを見ることができました。
バングラデシュ_リキシャ
リキシャのほかにもCNGと呼ばれているリクシャーという三輪自動車や公営バスもあります。
バングラデシュ_リキシャから見るスラム道
写真:リキシャから見るスラム道

今回移動にバスを利用しなかった理由としては、バングラデシュ全国でホルタルが起きていたからです。
ホルタルとは南アジア地方で行われる大規模なストライキのことです。南アジアの言語ではストライキという意味で、現政権や政策の不満、または政治的デモの一環であり、暴力的な活動をしばしば伴います。バングラデシュではホルタルによって社会経済や政策に大きな影響を与えるため、ホルタルという事象がバングラデシュの政治不安定を表していると言えます。

ホルタルが起こると、労働者は仕事へ行くことができなくなり、経済活動がストップします。また、運搬業のストライキは流通業や販売業者なども物流が止まってしまっているため営業ができなくなります。このような背景は、外国の企業がバングラデシュに投資をするのをためらう一つの理由だと言われています。バングラデシュではホルタルは主に大統領選挙前と1971年の独立戦争時における戦争犯罪人に対する裁判に大きく関わっていいます。
今回のホルタルでは、研修の始まる2日前に野党のイスラム協会(Jamaat-e-Islami Bangladesh)の指導者でもあるモチール・ラーマン・ニザミ氏と ミア・ケサム・アリ氏の処刑が発表され、これに反対するためにホルタルとなりました。幸い、今回のホルタルは、今までのものより規模が小さく街はとても静かでした。

これからも気を引き締めて、BRAC大学へ向かおうと思います。

バングラデシュでマイクロファイナンスを学ぶ -2-

BRAC大学と学生たち~服装と食事

こんにちは、インターンの奥野です。
今日は昼食を大学の学食で食べた様子をお伝えしようと思います。

マイクロファイナンスコース 食事の風景1
バングラデシュでのマイクロファイナンス研修はBRAC大学というダッカにある、私立大学で行われました。BRAC大学はBRAC(Bangladesh Rural Advancement Committee) というNGOによって2001年にダッカに作られた大学です。
他のコース参加者たちと大学内にある学食で昼食を待っていると、バングラデシュの大学生と日本の学生の違いに気づかされました。バングラデシュの人口の98%はベンガル族ですが、学生達は様々な顔立ちをしており、中東や東南アジアからの留学生も多くいるようでした。そして何よりも驚いたのは学食に併設されている体育館でハロウィーン・パーティが行われていました。(その日は11月1日でした。)仮装という習慣はまだないようですが、ハロウィーンらしい音楽がかかっていました。

学生たちの服装は日本や欧米とは全く違っていました。多くの男子生徒はポロシャツにジーンズをという格好でしたが、一方で女子生徒は、南アジアの伝統衣装のサロワカミーズというドレスにヒジャブというスカーフを巻いた伝統的な服装や、ジーンズにシャツといった洋服、そして時には洋服にヒジャブという見慣れないオリエンタルな服装も見かけました。

そして昼食の時間に!
最初の記念すべき昼食にはなんとポテトアルー(カレーですね)とタンドリーチキン、そしてサフランライスが出てきました。一応スプーンやフォークもでてきますが、ベンガル料理なので、右手をパワーシャベルのように使って食べるように私たちは心がけていました。
イスラム教での食事の作法は日本とはかなり違います。食事の作法はイスラム教ではシャリアーアというコーランに基づいた法律が由来です。例えば、数ある法のなかでもムスタハッブ(徳行)と分類される作法では、食事の際には右手と左手を使い分けなければなりません。また、右手と左手の概念はイスラム教ではとても重要であります。イスラム教徒がモスクに入る時や家族や知り合いを迎える時は必ず右手と決まっています。右手は清潔で神聖であることから、食事も清潔を意味する右手をつかうという作法なのです。

さて、タンドリーチキンが食べられるという思いで胸がいっぱいになり、よろこんで一口食べてみました。ところが、口の中に広がる味は唐辛子。その辛さは、自分の額にうっすらと汗をにじませ、口の中から胃につながる食道器官までが燃えていると感じられるほど辛かったのです。あわや、火を吹くまえに口治しのサフランライスを食べてみたら、なんとサフランライスにも唐辛子が隠されていたのです。これには騙されてしまい、昼食を完食できるのか不安になり、焦りも出てきました。そこで気を取り直してポテトアルーに手をつけると、ポテトアルーはほどよい甘さで口の中の辛さがスーっと消えていきました。私はサフランライス、タンドリーチキンそしてポテトアル―の順で食べることにより、無事に食事を終えることができました。
明日はどのような食事が出るのか楽しみです。

マイクロファイナンスコース 食事の風景2

バングラデシュでマイクロファイナンスを学ぶ  -1-   

~バングラデシュに行く前に

初めまして。インターンの奥野です。
マイクロファイナンスコースに参加するためバングラデシュに行ってきました。今回より数回に分けて、その様子をお伝えしたいと思います。

現在、世界の人口は約71億人であり、そのうちの約10億人が貧困所得水準を下回っています。アライアンスフォーラム財団は貧困削減を目指し、BOPビジネスやマイクロファイナンスを通して、適切な社会貢献ができる人材の育成を行っています。その活動の一環としてバングラデシュでマイクロファイナンス研修を開催しています。

 なぜバングラデシュでマイクロファイナンス?と思う方がいるかもしれません。

まず、バングラデシュはマイクロファイナンス発祥の地であると言われています。1974年にバングラデシュ人のモハメド・ユヌス教授がマイクロファイナンスを始め、ついに2006年ノーベル経済賞を取ったことで世界的に有名になりました。その後、マイクロファイナンスは急成長し、バングラデシュ国内だけで現在では600以上ものマイクロファイナンス機関が登録されています。マイクロファイナンスはバングラデシュの社会にとても根ざしているのです。

 バングラデシュへ渡航する前に行った事前研修では、上記にあるマイクロファイナンスの歴史や、バングラデシュの気候、大まかな歴史、などを学びました。この事前研修では現地研修参加者が初めて集まり、この研修への熱意を聞くなど、とても良い刺激を受けました。現地の研修では、特に現場でマイクロファイナンスの利用者から直接話を聞けることを楽しみにしているようでした。

次回は、バングラデシュでの研修の様子をお伝えします。

マイクロファイナンスを利用し経営されている売店

MF機関の女性客が経営する売店。ここを経営する女性から話を聞くことができました。

ソーラー灌漑ポンププロジェクトを開始

blog_bangladesh_img_01

『技術を使って未来を変える』をモットーに活動している当財団はこのたび、
バングラデシュ地方部の農民を対象とした、ソーラー灌漑ポンププロジェクトを開始しました。
映像(youtube)を掲載しています。こちらをご覧下さい。

当プロジェクトは、株式会社地球快適化インスティテュート(TKI)と共同で
2012年1月から実施している、三菱化学株式会社が開発している薄膜軽量太陽光パネルの事業化へ向けたフィージビリティ・スタディ(F/S)の一環として行うものです。

blog_bangladesh_img_02

灌漑ポンプ開始式典の様子

現地パートナーの所有する農業用地に設置して、近隣農民の生活向上に役立つかを調査します。併せて、継続的な事業展開が可能かどうかというビジネス的な側面からも調査をします*。

注目すべきは、「薄くて軽い」というパネルの特徴を活かしたその設置方法です。軽く、持ち運びが可能であるため、サイクロン時のとりはずしや灌漑時期以外の他の製品への取付けが容易など、大きな可能性を秘めています。現在、パネルの支持は1本の鉄製ポールのみで行っていますが、その有効性が証明された際には、さらに竹などの強く耐久性があり、かつより軽量で安価な素材をポールの部材とすることを目指します。

blog_bangladesh_img_03

勢い良く水が流れ出しました

また、現在バングラデシュで普及している灌漑ポンプはディーゼルポンプが中心です。零細農家はポンプを所有する比較的裕福な農家から灌漑用水を購入しています。近年燃料費が高騰していることから、灌漑用水の価格も上昇しており、零細農家の家計を圧迫しています。ソーラー灌漑ポンプはディーゼルポンプの代替品として期待される有力な製品です。このプロジェクトが成功すれば、将来的に零細農家自身でもポンプを購入可能な仕組みづくりができ、所得向上効果も見込めます。

アライアンス・フォーラム財団は、革新的な技術を持つ日本企業を対象に、ビジネスとしての新たな市場開拓と、現地の社会課題解決を同時に達成できるような途上国進出支援事業(パートナーシップ事業)を今後も積極的に進めていきます。

blog_bangladesh_img_04

省スペース、薄膜軽量ならではの設置方法を実現

当財団のパートナーシップ事業では、現地のニーズ調査からビジネスモデル構築、さらには事業化に至るまで、単なるコンサルティングに留まらない、企業の信頼できるパートナーとなることを目指して活動しています。

blog_bangladesh_img_05

軽く、持ち運びが可能であるため、悪天候時の取り外しや灌漑期以外の他の製品への応用が容易です

パートナーシップ事業についてはこちらをご覧ください。

*本調査は、独立行政法人国際協力機構(JICA)の実施する協力準備調査(BOPビジネス連携促進)に採択されました。すでに昨年9月より、バングラデシュ国農村部の無電化家庭に対し、薄膜軽量パネルを使用した住宅用太陽光発電システム(SHS)を導入して経過を観察しています。ソーラー灌漑ポンプはそれに続く第二弾のプロジェクトです。
実績についてはこちらをご覧ください。