Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter

2015年 第2回インクルーシブ・ファイナンス国内研修のご報告

2015年11月22日にインクルーシブ・ファイナンス国内研修コースの第2回を開催いたしました。

【「顔の見えない金融?」~モバイルマネーは金融アクセスを自由にする貧困層の味方か?】と題して行われた本研修には、埼玉大学教授の辻 一人先生をモデレーターとしてお迎えし、金融関係にお勤めの方や学生など、21名のご参加をいただきました。参加者の皆さまにはこの場をお借りし御礼申し上げます。

本研修では、インクルーシブ・ファイナンスを取り巻く現状として、バングラデシュやインド、インドネシアなどで発展したソーシャルバンキング型のマーケットと、サブサハラアフリカを中心に発展しているモバイルバンキング型のマーケットを比較した上で、急速に携帯電話の普及が進むアフリカにおける、デジタル・ファイナンスを活用した様々な金融の在り方について講義しました。

送金、貯蓄はもとより、BOPビジネスの発展にも大きく寄与しているデジタル・ファイナンスについて、水の供給やマイクロ保険など多くの事例を踏まえながら幅広く学んでいただきました。
また貧困層の多くが日常的に活用しているマイクロローンについても、モバイル(携帯電話)を介しての与信判断がいかに行われているのか、またその妥当性について議論していきました。
各講義の後には、これらが今後人々にどのような便益をもたらすのか、可能性と課題について多くの質問や意見が飛び交い、ご参加者の皆様のおかげで大変熱気に満ち溢れた研修となりました。

第2回インクルーシブファイナンス研修の様子

研修参加者からの感想(抜粋)

「非常に興味深く有意義な時間でした。」
「内容も充実しており、参加者の方のQ&Aも充実していたと思う。ありがとうございました。」
「Financeに詳しい方が参加者のメインでしたが、それ以外の人もセミナー内容が理解できる構成となっており多くのことを学ぶことができました。」
「他では得られない情報や切り口、現地実態を踏まえたコメント、参加してよかったというのが正直な感想です。」


第2回 研修内容

Module 1:「なぜ今、金融包摂が求められているのか」
Module 2:「デジタル・ファイナンス・プラスとは何か」
Module 3:「デジタルを通して、いかに顧客の債務能力を判断するのか」
Module 4: 「モバイルバンキングを活用し市場を開拓する新たなBOPビジネス」

==========
今回講義を行った、携帯電話を介した「顔の見えない金融」=モバイルバンキングの発達により、貧困層がアクセスできる金融サービスは飛躍的に拡大しており、特にモバイルバンキングは「低コストでサービスを提供できる」を強みに、人口密度が低いアフリカにおいてニーズと期待が非常に高くなっており、今後ますます注目されていくことでしょう。アライアンス・フォーラム財団では、2016年2月24日~3月1日までデジタル・ファイナンスの先進市場であるケニアにて、各種サービスを提供している企業を訪問する研修コースを計画しています。

なお、インクルーシブファイナンス国内研修は全3回を予定しており最終回となる第3回は2016年1月16日(土)に開催され、主に法規制や監督に焦点を当てた講義となります。ぜひご参加をご検討ください。
⇒ 第3回 「金融サービスをすべてに人に届けるために」 ~法規制・監督がもたらす安定と持続、その可能性