Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter
スピルリナサポーター

詳細はこちら

イベントサポーター

詳細はこちら

採用関連情報

詳細はこちら

過去インターンの声

詳細はこちら

途上国事業部門 プログラム・マネージャー(正職員)の募集

アライアンス・フォーラム財団では、途上国事業部門のプログラム・マネージャーを募集しています。
当財団は、日本を代表するベンチャーキャピタリスト原丈人のもと「次世代の技術を使って世界を変える」をモットーに国際的な活動に取り組んでおり、発展途上国での事業、公益資本主義研究事業、フォーラム事業など幅広い活動に従事しています。

途上国事業部門では、多様な課題に直面する発展途上国の自立に貢献することを目的に活動しています。特に当財団では、民間企業の高い技術やノウハウを活用することにより、途上国の課題をより早く、そして持続的に、途上国人材が自ら解決していく力を養っていくソーシャルビジネスの形成を通して貢献していくことを目標としています。

今回募集いたしますプログラム・マネージャーの方には、途上国事業部門・部門長の元で既存事業をリードしていくことのみならず、在外事務所と連携し、現地のニーズに基づいた新規事業の立ち上げ、民間企業パートナーの発掘を担当していただきます。

将来、発展途上国開発分野にてキャリア形成を希望する方、発展途上国に向けたビジネスに携わることを希望する方など、様々な夢に挑戦する皆さんのご応募をお待ちしています。  続きを読む

途上国事業部門 学生インターン募集

アライアンス・フォーラム財団では、途上国事業部門の学生インターンを募集しています。

途上国事業部門では、①栄養改善、②教育、③インクルーシブ・ファイナンス(貧困層差別をなくす包括的金融支援)の3つの分野にてプロジェクトを展開しており、多様な課題に直面する発展途上国の自立に貢献することを目的に活動しています。

インターンは各種調査、データ分析、イベント開催補助が主な仕事となりますが、単にプロジェクトのサポートにとどまらず、将来のキャリア形成に必要な知識やスキルを身に付けられるよう、スタッフによる指導を行っています。また、インターンを修了するにあたり、調査したことや学んだことを外部セミナー等で発表する機会を設け、インターン期間中の成果が形になるような取組みを後押ししています。

将来、発展途上国開発分野にてキャリアを形成していくことを希望する学生、発展途上国などを相手にしたビジネスに携わることを希望する学生など、様々な夢を持つみなさんのご応募をお待ちしています。
続きを読む

公益資本主義部門マネージャー募集

アライアンス・フォーラム財団では公益資本主義部門においてマネージャーを募集しています。

当財団は、日本を代表するベンチャーキャピタリスト原丈人のもと「次世代の技術を使って世界を変える」をモットーに国際的な活動に取り組んでおり、発展途上国での事業、公益資本主義研究事業、フォーラム事業など幅広い活動に従事しています。
公益資本主義部門では「新しい資本主義を創る」ことを目標に、これまで東京大学等と共同研究を実施し、その実績を毎年政界、経済界から多数の参加者をお迎えするフォーラムにて発表して参りました。また、公益資本主義に基づく次世代のリーダー育成を目的とした「公益資本主義研修」を、主に企業の管理職の方々を対象に、年間を通じ開催しています。
今回、公益資本主義部門では、これまで蓄積された経験やネットワークを活かしつつ、公益資本主義の考えに基づくさらなる活動の拡大、協力団体及び企業とのネットワークの強化を目指し、新たにマネージャーを募集することとなりました。
今回募集するポジションは、次世代を中心とした新しいネットワークの構築とともに、公益資本主義に関する最大のイベントである「2015World Alliance Forum東京円卓会議」の事務局長も担当していただきます。
新しく幅広い分野に挑戦する、好奇心旺盛で意欲あふれる方のご応募を心よりお待ちしております。
続きを読む

【職員募集】バングラデシュ事務所長兼プログラム・マネージャ募集

当財団は、「次世代の技術を使って世界を変える」をモットーに国際的に活動しており、途上国事業部門では日本企業の途上国事業進出における支援サービスを中心として、栄養改善、マイクロファイナンス等のプロジェクトにも取り組んでいます。

当財団の支援サービスの特徴としては、当財団が有するローカル企業、NGO、政府のネットワークを最大限に活用して、途上国と日本企業の双方の発展に結びつく事業モデルを共に創り上げることです。

直近では、化学メーカーとのバングラデシュでの薄型太陽光パネルを使用した農村部での応用製品開発や、食品会社との栄養食品開発調査、ケニアでの化粧品会社との小規模農家を巻き込んだスキンケア製品開発調査に取り組んでおります。
また、南部アフリカでは栄養不良問題の解決を目指してスピルリナ(高栄養の藻)の地産地消型ビジネス開発に取り組んでおります。
今後も特色ある助言や事業形成を行うとともに、増加するビジネス支援への要請に応えるべく、サービスを一層拡充していきます。

当財団では、このような業務を共に行っていただけるバングラデシュ事務所の所長兼プログラム・マネージャを募集しています。
ダッカ事務所の運営、プロジェクトにおける調査の実施、日本の大手企業とバングラデシュのローカル企業、NGO、政府とのセクターを超えた折衝など、多岐にわたる大変やりがいのある業務です。
自ら考え、計画し、提案し、行動するような主体性の求められる業務です。

また、当財団がバングラデシュにて実施するマイクロファイナンスプロジェクトや人材育成プログラムなどの途上国支援事業の業務についても運営に係わっていただきますので、営利事業のみならず非営利事業にも関係する業務となります。

高いスキルとご関心をお持ちの方のご応募を心よりお待ちしております。 続きを読む

【採用情報】グローバル人材育成部プログラム・マネージャ(正職員)

アライアンス・フォーラム財団では、マイクロファイナンスを中心とした事業を展開する人材育成部のさらなる拡大を目指し、今回、グローバル人材育成部プログラム・マネージャ(正職員)を募集いたします。

当財団は、日本を代表するベンチャーキャピタリスト原丈人のもと「次世代の技術を使って世界を変える」をモットーに国際的な活動に取り組んでおります。

2011年の一般財団設立後、当初数名程度だったスタッフは現在15名を数え、バングラディッシュオフィス、ザンビアオフィスには駐在員を置くまでに拡大しています。今まさに成長を加速している段階にあります。
事業としては、人材育成事業を始め、発展途上国での栄養改善及びパートナシップ事業、資本主義研究事業など財団の理念に則った活動が中心です。

アライアンス・フォーラム財団では、2009年からマイクロファイナンスに着目し、バングラディッシュにおいて、BRAC大学のご協力のもと研修を開催し、受講者はのべ170人に達しています。また、昨年度3月にはアフリカ ザンビアにて、横浜市立大学看護学部の学生と企業からの参加者より結成されたスタディツアーを実現しました。さらに、12月には、アフリカ開発銀行及びCOMESAと連携し、ザンビアにてマイクロファイナンスコースを開催するというスケールの大きな事業に取り組んでおります。
今年度は、グローバル人材育成部のさらなる事業の拡大と、安定したマネージメントを実現するために、プログラム全体を取り仕切るマネージャの採用が急務となっております。今回採用する方には、既存のマイクロファイナンスに関する事業をベースにしつつも、従来の枠組みを超えた新しい人材育成部の形成を目指し、ご活躍いただく予定です。
世界を舞台に、人材育成事業のプログラム・マネージャ職に取り組みたいというバイタリティー溢れる方のご応募をお待ちしております。 続きを読む

...23456...