Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter

2019ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議

WAF

アライアンス・フォーラム財団では、2019年10月16日(水)に、【2019ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議】を開催します。今年のテーマは、「公益資本主義2050年の国家目標 -天寿を全うする直前まで健康でいられる社会の実現-」です。

人口減少と急速な高齢化時代に突入する我が国において国民一人一人にとって希望を持つことができ日本人として誇りを持てる理念を掲げたいと考え、公益資本主義の実践の1つとして、「天寿を全うする直前まで健康でいることを実現できる世界最初の国に日本がなる」という理念を2013年に掲げました。

この理念を実現するには、3つの要素が必要だと考えています。それは、不慮の事故による障害からの回復を可能とし、難病やがんに罹患しても再び健康を取り戻すことができる技術イノベーション、技術開発によって生み出された革新的技術を患者のもとにいち早く届けるための制度イノベーション、この2つのイノベーションを持続するためにエコシステムです。

ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議では、これまで公益資本主義を経営の現場に浸透するための制度改革や法改正、ROC研究などについて議論を展開して参りましたが、今年のワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議では、公益資本主義の実践の1つとして、日本が世界のリード役になれるヘルスケアの分野に焦点を当て、各界の皆様と議論を行ってまいりたいと考えております。

概要:
【2019ワールド・アライアンス・フォーラム(WAF)東京円卓会議】

◆名称 :2019ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議
◆テーマ:公益資本主義2050年の国家目標
     -天寿を全うする直前まで健康でいられる社会の実現-
◆会場 :日本橋三井ホール / 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-2-1COREDO室町1 5階
◆会日 :2019年10月16日(水曜日)13:00~18:00
◆参加費:20,000円(税込)
     ※以下のURLより登録の上、事前のお支払いをお願い致します。
◆主催 :アライアンス・フォーラム財団
     (国連経済社会理事会 特別諮問非政府機関、米国内国歳入法典第501条C項3号の規定に基づく公益法人)、
     一般財団法人アライアンス・フォーラム財団

◆セッション(仮):
 ①2050年の国家目標 -天寿を全うする直前まで健康でいられる社会の実現-
 ②公益資本主義に基づく経済政策

◆プログラム:当日プログラム詳細

◆申し込み方法:以下のURLからお申し込みください。
https://allianceforum.smktg.jp/cc/0mSbcV0xbV6bUpYR

ご参加頂ける場合には、お手数ですが上記URLよりお手続きをお願い致します。
ご来場を心よりお待ち申し上げております。

※内容には変更が生じる場合があります。予めご了承ください。
※恐れ入りますが、同時通訳のご用意はございません。プログラムは日本語で進行させていただきます。

Sorry to trouble you, but there is no simultaneous interpretation on the day.

2019年 アライアンス・フォーラム・グローバル会議

AFG

アライアンス・フォーラム財団では、2012年以来毎年、企業価値基準の策定や必要な制度改革について議論する場として合宿形式のアライアンス・フォーラム・グローバル会議(AFG会議)を、その結果を提言する場としてワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議(WAF)を開催しております。

一方、公益資本主義の実現のためには企業経営に関する制度改革だけでなく、企業活動の中核である事業を創造し、推進することが大切であると考え、兵庫県と公益財団法人原総合知的通信システム基金が主催者となり、当財団が共催するかたちでITあわじ会議を開催して参りました。この会議では、IT分野、特に近年では医療・ヘルスケアに焦点を当てて、革新的なイノベーションを生み出すための産学官連携のありかたについて議論を進めて参りました。

本年のAFG会議においては、これら当財団の活動全体をさらに推進させるために、「2050年の国家目標―天寿を全うする直前まで健康でいられる社会の実現」、「制度改革と世界経済」という二つの議題を設定し、各界でご活躍の皆様と議論を深めて参りたいと考えております。

【概要】
■会   場: 東レ総合研修センター
■期   日: 2019年8月31日 (土) 9:30 ~9月1日 (日) 17:00 (1泊2日)
■プログラム: 現役で活躍中の産業界、学術界等各界リーダー、政界、官界、の方々によるキーノートスピーチ、
        パネルディスカッションなど 
■主   催: 一般財団法人アライアンス・フォーラム財団
■セッションアジェンダ:
        ①2050年の国家目標―天寿を全うする直前まで健康でいられる社会の実現
        ②制度改革と世界経済
■申込ページ: https://allianceforum.smktg.jp/public/seminar/view/133
■プログラム: 上記の申込ページにてご確認ください。

第6期公益資本主義研修

公益資本主義研修

第6期公益資本主義研修

アライアンス・フォーラム財団が主催する公益資本主義研修は今年、第6期を迎えます。

21世紀は資本主義の本質が問われる時代となるでしょう。その指針となる理念が「公益資本主義」です。会社は社会の「公器」であり、事業を通じて社会に継続的に「公益」をもたらすものです。そうした社会への貢献によって個々の会社も持続的に企業価値を高めることができ、結果として株主も利益を享受できるのです。これが本来の資本主義であり、21世紀の資本主義です。その理念を実際の経営で実現するには以下の三つの基本原則があります。

1. 中長期視点: 中長期視点に立ったバランスのよい経営資源の投資を行い、イノベーション を起こし、持続的な成長を現実のものにする。

2. 企業家精神による改良改善: 大企業になっても企業家精神を発揮できるような社風をつくり、リスクをとって果敢に新しい事業に挑戦し、常に改良、改善に努める。

3. 公正な社中分配: 会社が事業を通じて生み出した「公益」を株主だけでなく、会社を支える「社中」(会社、社員、顧客、仕入先、地域社会、地球)各位に公正に分配する。

当研修では、以上のようなことを実際に体現され、持続的に成果を上げておられる第一線の経営者及び専門家の方々を講師としてお招きする予定です。テーマは、会社とは何か、企業法制の在り方、イノベーション、グローバル展開、人材など多岐に渡りますが、受講者の皆さんが「公益資本主義」の理念を理解し、自らの日々の業務や事業創造、さらには将来の企業経営などに反映されることを目的としております。
本研修は第6期を迎え、これまでの受講生は100名を数えるに至りました。今年も学ぶ意欲ある受講生を数多く受け入れたいと期待しております。

概要は以下のとおりですが、詳細は「第6期公益資本主義研修 募集要項」をご参照下さい。

お申込みはこちらのページからお願い致します。

研修の概要

■対象   : 企業の将来の経営を担う人材
■期間   : 2019年8月~2020年2月(予定)
■場所   : 中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビル
■定員   : 30名
■受講料  : ¥650,000(消費税別)
■開催日  : 9月4日(水)第1回、その後、原則、隔週水曜日 18:00~21:00
上記、受講料には、8月31日(土)、9月1日(日)開催予定のアライアンス・フォーラム・グローバル会議(AFG会議)、10月16日(火)ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議(WAF)の参加料を含みます。受講生の方には、両会議に原則、参加いただきます。修了式は3月を予定しております。
■形式   :
・オリエンテーション: 初回
・オリエンテーション: 8月21日(水) 18:00~21:00
・講演とQ&A(グループワークもあり): 12回
・合宿(1泊2日のAFG会議)
・フォーラム参加(WAF)
・修了式
※プログラム詳細については、決まり次第掲載させて頂きます。

2018ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議

WAF

当財団では「公益資本主義」について1999年から話し合いを進め、2012年以来毎年、企業価値基準の策定や必要な制度改革について議論する場としてアライアンス・フォーラム・グローバル会議(合宿形式)を、その結果を提言する場としてワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議を開催しております。

昨年は、同年から実現した四半期決算短信の業績予想欄任意記載化を踏まえた「四半期決算開示義務の廃止」、「社外取締役のあり方」を含めたあるべき企業統治についての議論や、「ROEを超えた経営指標」としての「ROC(Return on Company)」の研究進捗報告とこの金融市場への浸透へ向けた議論をもとに、それぞれの議題について、各界でご活躍のオピニオンリーダーの方々をお招きし、実現に向けたロードマップを策定致しました。
これを踏まえ、2018年の政策提言に向けたアクションプランを議論し、「四半期決算開示義務の廃止」へ向けた金融商品取引法の改正や中長期保有株主に着目した会社法の改正などの協議を進めるとともに、あるべき社内外取締役を養成するため仕組みについては、公益資本主義役員懇話会として本年スタート、さらには、ROCをインデックスとした投資信託の開発等にも着手しております。

2018ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議では、昨年に引き続き「四半期決算開示義務の廃止」や会社法の改正に向けた具体的な行動、公益資本主義を体現した「社内外取締役」の養成、金融市場で認知される「ROC」の確立とこれを活用した投資信託などの金融市場への浸透へ向け、各界の皆様と活発な議論を行う予定です。また、昨今着目され始めているESGやSDGsについて、公益資本主義と比較することでその本質を確認し、真の意味での公益資本主義を我が国から世界へ向けて発信していくべく、制度をつくるための政策提言や、来年のG20へ向けた具体的な行動へとつなげて行きたいと考えております。

【2018ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議(WAF)概要】
■ 名称: 2018ワールド・アライアンス・フォーラム東京円卓会議
■ 会場: SMBCホール(東京都千代田区丸の内1−3−2/3階)
■ 期日: 2018年10月23日(火)13:00~18:00
■ 参加費:2万円(税込)※事前登録・支払をお願い致します。
■ 申込URL:https://allianceforum.smktg.jp/cc/0mSbcH0x7Qq7PJNR
■ テーマ:欧米の先を行く企業統治制度「公益資本主義」(仮題)
■ セッションアジェンダ:
1.公益資本主義に基づくコーポレートガバナンスとROC
2.公益資本主義を実現するための制度改革とESG、SDGs
当日プログラム詳細

※内容には変更が生じる場合があります。予めご了承ください。

お申し込みに関する問い合わせ:事務局 野口
waf2018@allianceforum.org

プログラムに関する問い合わせ:事務局 熊地・小野
pic2018@allianceforum.org / 045-232-4280

第5期公益資本主義研修

公益資本主義研修

第5期公益資本主義研修

アライアンス・フォーラム財団が主催する公益資本主義研修は今年第5期を迎えます。

当研修では「公益資本主義」に基づく経営について学んでいただきます。それは、「会社は社会の『公器』である」という観点から、会社固有の理念・使命・目的を最大限に実現するため、「中長期的な視点」に立ち、「企業家精神」を発揮して果敢に新しい事業に挑戦し、不断の改良改善を重ねる経営です。理念・使命・目的をビジョンに落とし込み、そのビジョンを具現化すること、そして、そのビジョンに現実を近づけるために「社中」(経営者・社員、顧客、仕入先、株主、地域社会、地球)が協働する営みです。その成果として創造された価値が全ての「社中」に公正に分配され、結果として「社中」全体が豊かになり、持続可能な社会が実現されます。

当研修は、以上のような経営を実際に体現されている経営者及び専門家の方々を講師としてお招きし、講義と対話を通じて受講生の皆さんが公益資本主義の理念を理解し、自らが目指すべき21世紀の経営者像について深くお考えになること、それを実際の経営に生かされることを狙っています。

概要は以下のとおりですが、詳細は「第5期公益資本主義研修 募集要項」をご参照下さい。

お申込みはこちらのページからお願い致します。

研修の概要

■対象   : 企業の将来の経営を担う人材
■期間   : 6ヶ月
■開始日時 : 2018年6月30日(土)13:00
■場所   : 株式会社LIFULL本社ビル(東京都千代田区麹町1-4-4)
■定員   : 30名
■受講料  : 648,000円(消費税込)
■開講日  : 隔週水曜日18:00~21:00
       ・オリエンテーションは6月30日(土)13:00~18:00
       ・第1回は7月11日(水)18:00~21:00
       ・その後は隔週水曜日18:00~21:00
       ・7月7日(土)13:00~8日12:00の合宿(都内)の詳細は別途ご案内
       ・修了式は1月開催(別途ご案内)

■形式   : ・オリエンテーション: 初回
       ・講演とQ&A(グループワークもあり): 12回
       ・合宿(1泊2日)
       ・修了式