Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter

事業紹介

アライアンス・フォーラム財団では、日本が持つ革新的な技術やサービス等を発展途上国において活用させるため、日本企業の事業活動支援を行っています。また、共同事業を通して日本発の民間による支援を実現し、これらの国々の経済発展に貢献するとともに、世界に向けて日本の建設的な貢献を発信していきます。これにより、日本が発展途上国にとって“絶対に必要なパートナー”になることを目指しています。
ビジネス支援サービスは、その目標を実現するために、蓄積された発展途上国での経験やネットワークを生かし、より多くの日本企業が発展途上国に事業展開し、それらの諸国にインパクトを与えることができるように、特色ある助言やビジネス支援業務を行います。

partnership_img_01

【強み】
現地事務所を有し、現地のパートナー、消費者、市場を深く理解しているため、 途上国が初めての企業にもきめ細かく、柔軟な支援が可能。 少数精鋭で経験豊富なスタッフが単なるアドバイスではなく、事業パートナーの視点から案件に関わる。

サービス

企業が発展途上国への事業進出を検討する際には、様々な不安や悩みがつきまといます。特に、事業の準備段階では、現地の市場環境や商習慣の理解、現地パートナーに関する情報収集、具体的な法的手続きなど未知の課題が山積し、何から手を付けてよいか分からないというのが実態です。

その結果、進出への関心はあるものの、入り口で躊躇し、第一歩が踏み出せずにいる経営者が多いのではないでしょうか。

当財団は、バングラデシュ、ザンビアを初めとする発展途上国において、複数の企業に対して事業進出を支援した実績を有しています。パートナー企業と上記のような課題を一つずつ解決し、事業進出を実現させた経験を持つスタッフが、調査段階から事業段階まで具体的なアドバイスを行います。

【1】市場調査、消費者ニーズ調査、パイロット事業実施
スタッフが実際に現地に入り、パートナーが必要とする生の情報を様々なネットワークを通じて収集します
【2】ビジネスモデル構築
これまでの事業経験に基づき、ビジネスモデルや進出方法についてアドバイスします
【3】ビジネスマッチング、パートナー選定、DDレポート作成
事業内容に応じた最適な現地パートナーを選定し、デューディリジェンスに必要となる企業情報を収集します
【4】交渉支援、事業開始支援
現地パートナー候補との間に立ち、法制度、商習慣等のギャップを埋めることで契約交渉がスムーズに進むよう支援します
【5】業務受託、事業パートナー
当財団はアドバイスにとどまらず、発展途上国においてパートナーと共同して事業に取り組む用意があります

途上国への進出と課題

強みを持つ業界
現地事務所を有し、現地のパートナー、消費者、市場を深く理解しているため、途上国が初めての企業にもきめ細かく、柔軟な支援が可能です。
少数精鋭で経験豊富なスタッフが単なるアドバイスに終始せず、事業パートナーの視点から案件に関わります。

対象地域
南アジア、メコン諸国、東部/南部アフリカ

実績

アライアンス・フォーラム財団がこれまでに手掛けたプロジェクトの一部をご紹介致します。(2015年9月時点)

No. 企業名 プロジェクト名 支援内容 対象国
1 2012年

2013年
株式会社地球快適化インスティテュート
(株式会社三菱ケミカルホールディングス)
軽量太陽光パネルを用いた貧困層の生活水準向上事業準備調査 (BOPビジネス連携促進 ) 市場調査、ニーズ調査、パイロット事業設計・実施、ビジネスモデルの提案、事業性評価、開発効果測定 バングラデシュ
2 2012年

2014年
日清食品ホールディングス株式会社 ローカル開発食品による妊産婦と乳幼児の栄養改善事業準備調査(BOPビジネス連携促進) 市場調査、消費者調査、パイロット事業設計・実施、ビジネスモデルの提案、開発効果測定 バングラデシュ
3 2013年

2015年
住友化学株式会社 殺虫剤処理マテリアルの販売エリア、及び販路拡大可能性調査 市場調査、ニーズ調査、パイロット販売設計・モニタリング バングラデシュ
4 2013年

2014年
株式会社イートラスト 太陽光発電および無線通信を活用した河川監視カメラシステムによる水防災対策事業に係る案件化調査 ニーズ調査、事業化調査、実証・パイロット調査、現地パートナー候補交渉、ビジネスモデルの提案 バングラデシュ
5 2014年

現在
ロート製薬株式会社 余剰農作物を利用した高付加価値スキンケア商品事業準備調査(BOPビジネス連携促進) 市場調査、原料調査、開発効果測定 ケニア
6 2014年

現在
株式会社ハルカインターナショナル 日本の有機きのこ栽培技術導入による小規模農家の生活向上事業準備調査(BOP ビジネス連携促進) 市場調査、事業化調査、現地パートナー候補交渉、開発効果測定 ブータン

新興国情報

UNDERCONSTRUCTION

お問合せ

途上国での事業立ち上げ等にご関心のある方はこちらよりお問い合わせください。