Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter

TICAD VI Forum for African Financial Inclusion
~Sharing COMESA Policy Recommendations for the Enhancement of Regulatory and Supervisory Framework~

マイクロファイナンス

「適切な法規制監督制度は金融の信頼性、健全性を高め貧困層への機会提供に貢献できる。」

アライアンス・フォーラム財団は、2016年8月26日にケニアにて、COMESAと共同でTICAD VIのサイドイベントを開催します。
このフォーラムは、正しい金融政策規制構築により低所得層を中産階級に底上げすことを目的としています。
2014年~2016年に渡りCOMESA 19ヵ国の中央銀行とマイクロファイナンス機関代表が実務経験に基づき議論した政策提言『Guide on Regulation & Supervision Framework for Financial Inclusion』が発表され、決意表明をする場となります。

【共催】  アライアンス・フォーラム財団、COMESA
【後援】  アフリカ開発銀行
【場所】  ナイロビ市内 Crowne Plaza Nairobi, Conference Hall(TICAD本会場から2.5km)
【日時】  8月26日 (金) 14時~16時 (現地時間)
【スケジュール】 TICAD VIサイドイベント詳細

■ 目的
1. COMESA金融包摂研修の結果をTICAD VIに際して発表して、FAPA資金を活用した日本とアフリカの協働の取り組みをアピールする。
2. COMESA金融包摂研修を通して策定された『金融包摂政策と法規制監督への提言』を各国の政策立案機関に向けて正式に共有し、議論する場を持つ。
3. COMESA金融包摂研修から作られた法規制監督への提言が他アフリカ諸国のモデルとなりファイナンシャルインクルージョンの推進に貢献するように、TICAD VIで共有する。
4. COMESA各国において貧困層を中産階級に引き上げる為の公益資本主義の理念を再確認する。

■ 対象となる参加者
・COMESA19ヵ国の金融包摂政策立案機関の代表(各国中央銀行、マイクロファイナンス機関連合代表者等)
・COMESA以外のアフリカ諸国のインクルーシブファイナンスやマイクロファイナンスの政策立案者や実務従事者、その他に該当分野に興味を持つ実務従事者または国際機関関係者

参加希望の方は、こちらのフォームよりお申込ください。(現地までの渡航・宿泊などは各自ご手配ください)
【申込締切】2016年8月22日(月) ※ただし定員(60名)に達した場合には、締め切らせていただきます。予めご了承ください。

■ 参考資料
アライアンス・フォーラム財団では、2013年5月31日にTICAD Vのサイドイベントを横浜にて開催いたしました。
その様子は「AFDPアフリカ首脳・経済人会議を開催」からご覧いただけます。
また、その会議に参加されたTICAD_V_安倍首相スピーチも併せてご覧ください。