Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter

ザンビア事務所 インターンから①

みなさん、はじめまして。
約一か月間、AFFザンビア事務所にてインターンさせて頂くことになった、赤尾紀明です。

AFFザンビア事務所インターン

(今週、試作したスピルリナクッキーと)

このインターン期間では、
①BOPビジネスについての見識を深める
②現地の人や、現地で働く日本人との交流を通して、ザンビアの現状把握
の二点を中心に勉強したいと思っています。

まず①について。
私は大学一年生の頃、ボランティアに興味を持ち、エジプトにボランティアの視察に行きました。エジプトでは障がいのある人たちに1から職業訓練をし、販売させることまでを一人で支援している方や、日本以上に色々なタスクをこなしているボランティアの先生、お国柄女性の社会進出が難しい現状の中で女性を中心に雇用し、プロダクトを作り現地の人の収入向上を図っている方、と視察させて頂いたボランティアスタッフは皆ほんとうに素晴らしい(偉そうに言える立場ではないですが)活動をしていました。
日本よりもタフな生活をして、時にはいわれもないアジア人差別をされたりしても、それぞれが自分たちの活動に取り組む姿は本当に尊敬しました。
そんな人たちのうちの一人から聞いた、「もしかしたらボランティアよりもビジネスの方が彼ら(貧困層)を救えるのかもしれない」という言葉は私の考え方を変えました。もちろん今あるボランティアにも現地の人からして必要なものは沢山あるけれども、一年も継続されずに終わってしまうボランティアも沢山ある。ただ、ビジネスにより多額のお金が動くことで、その国の経済がより豊かになり、雇用創出やそれによる子供の教育費ができることなども考えられ、その国の自立につながるという指摘だったと思います。

私が大学に入って、ボランティアに興味を持ったのは、日本人がボランティアや貧困に対して知識を持てば、お金を持っている日本人はもっとボランティアに対して投資をするのではないか、という所からでした。
そして初めての大学生の夏休みに、夢だったヨーロッパ周遊を諦め、少ない全財産をはたいてエジプトに行きました。そこでさっきの「気づき」から、大学でせっかくビジネスの勉強をしているのだから、「アフリカで貧困改善に取り組むビジネス」という学びの方向性を持とう、と考えだしました。

その後、大学での勉強を通じてBOPビジネスという最近HOTなビジネスモデルを知りました。将来自分がどういった形でアフリカビジネスを展開していきたいか、まだ定まっているわけではないですが、貧困層を相手に企業にとっても彼らにとってもWin-Winなビジネスをする、ということは自分の中でとても新鮮で、興味のあるビジネスモデルでした。知ってからは、自分なりに色々勉強してみて国連大学で開かれたセミナーにも参加してみたりしました。

AFFでは、この「BOP事業」の調査段階にあり、自分が日本でインプットした内容をフィールドワークできるということで、インターンとして受け入れて頂くことができました。
まだ働いて数日ですが、実際に大学の授業で勉強したこと、セミナーで聞いた話なんかが出てきて、凄くいい経験をさせてもらえていると実感しています。
インターンの期間は約一か月と短い期間ですが、どんどん吸収して、BOPビジネスの見識を深めたいと思います。

②について。
日本では「アフリカ」をひとくくりで捉えられがちですが、54か国もあるので、実際アフリカをまとめて語ることは難しく、それぞれの国にそれぞれの魅力や特色、そして問題があります。

54か国すべて見ようとは思っていませんが、何か国か行き、それぞれの国を比較していくことで、より自分の視野を広げようと思っています。ザンビアについてしっかりと知り、現地の情報を得ることで、この比較がさらに有意義なものになると思っているので、②についても積極的に行いたいです。

次回は、今取り組んでいるスピルリナ製品の需要性評価についてお伝えします。

空からの景色

2015年新年あいさつ

みなさま、明けましておめでとうございます。ザンビアからもご挨拶です。
ザンビア駐在員の森長です。

年末年始と休暇をもらって日本に帰っていましたが、また今週よりザンビアでの活動を再開します。
ザンビアは雨期に入り湿気が多くなり、町中にもすっかり緑が増えました。葉っぱや草が濃い緑に覆われています。

緑に覆われたザンビア駐在員 寄宿舎の様子

(宿舎の庭の様子)

帰国中、日本に帰って友人などと話をしていて、まだまだザンビアやここでの生活について理解してもらえる余地があると感じたので、今年は去年より生活感と臨場感のあるザンビア日記を多く発信していきたいと思っています。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

ザンビアのローカルマーケットで地元の母娘と写した写真

(新年のローカルマーケットにてお店のおばちゃんとその娘と)

また、今月より約1カ月間、日本から学生インターンが来ています。
彼の学生視点から見たザンビアも報告してもらおうと思っています。
楽しみにしていてください。

ザンビアの子どもと学生インターン

(右:学生インターン、赤尾 紀明さん)

DICライフテック(株)がザンビアの配給事業現場を視察

東京事務所スタッフの太田です。

少し前の話になりますが、スピルリナ給食配給の現場をスピルリナをご提供いただいているDICライフテック株式会社のお二人が訪問してくださいました。

給食配給を実施している1校、Destiny Community Schoolでは横浜市立大学の生徒たちが作成してくれた教材やツールを使用して、栄養・衛生教育を今も継続しています。今回は中学1-3年生の授業を見学しました。横浜市立大学による特別授業に参加した生徒たちはたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養バランス、栄養バランス表の中でのスピルリナの位置づけ、手の洗い方、歯を磨くことがなぜ重要なのか、ポイントを記憶しており、活発なやり取りがされています。スピルリナ入りの給食がなぜ普段の給食よりもいいのか、その理解も少しずつ広がっていることを実感しています。

今回見学した授業では知識の更なる定着と共に、他の生徒や家族に対してその知識を元に日常生活でどのようなことを教えてあげればいいのかという視点でディスカッションを設ける時間も取りました。スピルリナ給食配給事業では、AFFがずっと教育係を担うのではなく、いずれ生徒たちが他の生徒に教えるという持続可能な教育システムの構築を目標としています。

DICライフテックのお二人も生徒と一緒にスピルリナ入りの給食をいただき、交流をしました。生徒にとってもスピルリナを生産している方に会い、交流をする機会を通してよりスピルリナが身近に感じられたのではないかと思います。

ザンビアの子供たちがグループワークをしている場面
グループごとに分かれて、ザンビアの人々がよく食べる食品がたんぱく質、ビタミン、ミネラルの内どれを多く含むのか、カテゴリー別に並べています。

子供達と給食を共にするDICライフテックのお二人
DICライフテックのお二人も生徒に混ざって給食をいただきました。この日は特別にいつものシマとスピルリナ入り野菜のおかずに加えて、チキンが出ました。

衛生・栄養教育の授業に参加した生徒たちとDICライフテック株式会社ご担当者様との記念写真
衛生・栄養教育の授業に参加した生徒たちとDICライフテック株式会社の安斎様・洞口様との記念写真。生徒が手に持っているのは授業で使用した野菜などの絵です。

スピルリナのパイロット生産を開始

こんにちは、お久しぶりです。ザンビア駐在員の森長です。
インターン田中さんにザンビア日記を書いてもらっていて、私はだいぶさぼっておりました。。。

9月から現在実施しているプロジェクトの最大の目玉と言ってもいいスピルリナのパイロット生産がついに始まりました。

8月から関係機関に輸入許可などの書類を取得したり、生きている「生」スピルリナの輸入元や輸送機関を探したり、四苦八苦しました。特に液体の輸入になるので大変でした。

そののちの9月上旬に、ついにマダガスカルからスピルリナが到着し、ザンビア大学(UNZA)の農業科学部と協働しスピルリナの屋内培養を開始しました!!!
10月に入ってからはLusaka市内での屋外のパイロット生産へと移行していますが、今回は屋内パイロット生産について書きたいと思います。

9月上旬、このコンテナ容器に入れられ、マダガスカルから約1週間かけ飛んできました。
マダガスカルからのスピルリナ入りコンテナ

スピルリナは顕微鏡で見るとくるくるしたバネのような感じですが、液体(スピルリナが育つための培地)に入っているとただの緑色の液体に見えます。
これが栄養が豊富だと言われても、初めて見た人にとってはザンビア人も日本人もみんな「は?」という感じになります。
ただの「藻」ですよ。それを食べ始めて、研究した人間の発見ってすごいですね。

スピルリナの外観
↑外観

顕微鏡で見たスピルリナの画像
↑顕微鏡観察で見えるスピルリナ

ちなみにスピルリナも藻の一種で植物と同じく葉緑体を持っています。ですので、光が足りなかったり栄養(肥料)が足りないと不健康になり、色は黄味がかってきます。そして、このくるくるしたバネの巻きが弱くなったりブチブチと短くなります。

スピルリナの生産条件には、光と温度があります。
屋外での生産まで、ある一定の濃度までスピルリナの量を高めないと、太陽光が強すぎで逆に弱ってしまうことがあります。そのためその一定濃度に達するまでは屋内で、植物培養庫という温度調節ができる器機に入れ、光と温度を管理し生産していきます。

植物培養庫内で屋内生産中のスピルリナの画像
↑植物培養庫内で屋内生産中のスピルリナ

UNZAには、電気付き培養庫がなかったため、電球を手作りで設置し対応し生産を行っています。ザンビアでぐんぐん育っています!

スピルリナ濃度測定の様子
↑スピルリナ濃度測定の様子:プロジェクトの協力会社・DICライフテック社より出張中の洞口氏(左)、UNZA農業科学部スタッフでスピルリナ培養担当のLaki氏(中央)とGorret氏(右)

スピルリナ計量の様子
↑スピルリナ計量中

スピルリナ濃度測定の様子
↑スピルリナ濃度測定の様子

インターンの目線から ④

インターンの田中です。

「インターンの目線から」最終回です。
約一ヶ月のザンビアでのインターン、本当にあっと言う間でした。
この経験ができてほんとに良かったと感じています。

ザンビアでは全く自分の想定通りに仕事が進んでいかないことばかりでした。
一方で、先進国にない、人の穏やかさや、自然の豊かさなど、素晴らしさも溢れています。これからのよりよい発展に貢献しながら働いていくことができるやりがいもあると思います。

文化や生活環境は、日本とは大きく異なる国です。
しかし、そこにはそこの人達の日常があり、
多くの人は家族のために、子供達のために、よりよい生活、社会を願っている。
どこの国でも、それはなにも変わらない。
ザンビアの多くの家庭を訪問し、そんな当たり前のことを実感しました。

アライアンスフォーラム財団の皆さんが、日々生じる想定しない問題を、多方面間から考え、いろんな人たちとの対話を繰り返し、工夫し、一つずつ解決されながら目標に向かって働かれている姿がなにより勉強になりました。

地域に根ざして働く多くの日本の方々に会うことも出来ました。

多くの出会い感謝です。本当にありがとうございました。

ビジネスの力で社会をより良くしていけると信じ、
この経験を活かし、一歩ずつ進んでいきます。

皆さん、どこかできっと会いましょう。
ではまた!
ビクトリア滝の前で記念撮影
ビクトリア滝にて

...34567...10...