Alliance Forum Foundation

  • お問合せ
  • Jpn
  • En
  • Facebook
  • Twitter

第2回 スピルリナ効果測定の開始が決定

スピルリナプロジェクト

2012~13年にかけて実施され、慢性栄養不良の症状の1つである低身長改善効果が見られたザンビアでのスピルリナの効果測定
保健省やコミュニティ開発母子保健省などの評価の後押しもありこの度、裨益人数を500名に拡大させた第2回効果測定の実施が決定しました。

このプロジェクトは、国連主導の栄養改善の取り組みであるScaling Up Nutrition (SUN)の支援を受けて、2013年よりザンビア政府が取り組んでいるThe First 1000 Most Critical Daysプログラムの一環として実施されます。

このプログラムは胎児~24か月の1,000日間の栄養状態の改善をターゲットとしたもので、子供の栄養改善のために介入すべき最も重要な期間として捉えられています。
効果測定の実施地域は、ザンビアの中でも最も低身長の割合が高い地域の1つとされ、その効果を国連組織とザンビア政府の保健関連組織と共に検証していきます。スピルリナの栄養改善の効果がザンビアで認められれば、栄養改善の手段の1つとしてのスピルリナの普及にもつながります。

今後もこの場でプロジェクトのアップデートをお届けしていきますので、ぜひフォローしてください。

◇写真:第一回効果測定の様子=スピルリナ入りのポリッジを食べている子供
第1回効果測定の時の様子

12/11(木)セミナー開催 【第3回】「途上国ビジネス・スクール~先進企業から学ぶ成功のヒント~」

途上国支援事業関連

アライアンス・フォーラム財団では、シリーズで開催しているセミナー「途上国ビジネス・スクール~先進企業から学ぶ成功のヒント~」の第3回目を開催します。

今回のテーマは、「いかに消費者の嗜好、隠れたニーズや購買心理を理解し、商品を売るか」

途上国事業で成功する先進企業はどの消費者理解の手法を取り、どのような視点で分析するのかを学ぶことで、現地のニーズを捉え、競合の追随を簡単に許さない商品企画やマーケティング戦略立案のためのヒントをお伝えします。
ゲストスピーカーには豊富な製品ポートフォリオを持ち、高いマーケティング能力を持つロート製薬株式会社様と、唯一無二の技術を武器にグローバル市場でも知名度のある一押し製品を持つ住友化学株式会社様をお迎えします。強みや特徴の異なるゲストスピーカーの2社では消費者理解の調査手法や視点も異なります。
本セミナーではゲストスピーカーの方々とインタラクティブに質問や議論を交わす機会を設けています。

◆ 開催日:2014年12月11日(木) 15:00-17:00 (懇親会 17:00-18:00)
◆ 後援:一般財団法人国際開発機構(FASID)
◆ 場所:FASID セミナールーム( http://www.fasid.or.jp/about/8_index_detail.shtml)
◆ 対象業界:一般消費財、製造業(食品、家電、日用品など)
◆ 対象者:海外事業、または新規事業担当者
◆ 参加費:3,000円/人
◆ 定員:40名(抽選) ※お申込み締め切り日:12月7日(日)

詳細・お申込みは、こちらのページより

【第4回AFFカフェ★GREEN NIGHT 2014】開催のお知らせ

スピルリナプロジェクト

注目のスーパーフード「スピルリナ」について知って、食べてアフリカの栄養改善に貢献しませんか?
アライアンス・フォーラム財団では、毎年開催している「スピルリナ」に関する取り組みの報告会を今年も12月18日(木)に行います。
ザンビア栄養改善プロジェクトの経過報告とスピルリナ入り大麦麺『麺むすび』と11月にポンパドウルより発売されたスピルリナパン2種の試食会を兼ねています。
カフェでゆったり楽しく話すような感覚で、ザンビアや多くの途上国が抱える慢性栄養不良の問題について知り、スピルリナ食品を食べて、栄養改善に貢献しませんか。

■ 日時:2014年12月18日(木) 18:00-20:30(受付開始:17:30)
■ 場所:外苑前アイランドスタジオ
■ アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩5分
■ 地図:http://www.ai-land.co.jp/studio/access.htm
■ 参加費:1,000円
 (スピルリナのカラーの「緑」を身に付けてきた方は800円)
■ 定員:50名(締切は12/14(日)応募多数の場合は先着順となります。)

詳細・お申込みは、こちらのページより

ザンビアでスピルリナを初収穫 

スピルリナプロジェクト

アライアンス・フォーラム財団では、ザンビア共和国での「栄養改善プロジェクト」において取り組んでいた、「スピルリナ」のパイロット生産を成功させ、屋外試験プールからの初収穫を達成しました。

この取り組みは、独立行政法人国際協力機構(JICA)の【第5回協力準備調査(BOPビジネス連携促進)】採択案件の一つであり、「アフリカ原産食用藻(スピルリナ)を用いた地産地消型栄養不良改善事業準備調査(BOPビジネス連携促進)」として、アライアンス・フォーラム財団がDIC株式会社より技術支援を受けて2013年12月より進めているものです。
本件ではただ栄養価の高い食品を寄付する支援とは一線を画し、少量で高栄養のスピルリナを自国生産することで、途上国が将来的に「自立」して自らの栄養不良の課題を解決できるようになるための活動である点が大きな特徴と言え、今回の収穫成功によりその達成がより現実的なものとなりました。

詳細につきましては、こちらのニュースリリースをご覧ください。(PDFが開きます)

スピルリナ入り2種のパン ポンパドウルで新発売

スピルリナプロジェクト

アライアンス・フォーラム財団では、途上国の子どもたちの栄養不良改善にスピルリナを活用しています。
このスピルリナを日本国内でも多くの方に知っていただきたく、その輪を広げる取り組みをしています。

本日、横浜元町の老舗ベーカリー・ポンパドウル様のご協力により、スピルリナ入りのパン(2種)が発売されました。

★スピルリナブレッド(税込691円、ハーフサイズは税込345円)
スピルリナと相性がいいチーズとオニオンをトッピングしたおかずパン。

★モバチェ(税込129円)
男爵パンの生地にスピルリナを練り込んだロールパン。

どちらもスピルリナの独特の緑色の生地が特徴ですが、藻の独特のにおいを感じさせません。
全国のポンパドウル約80店舗で販売している他、通販でもご購入いただけます。

店舗情報

通販サイト

手前が「モバチェ」、奥が「スピルリナブレッド」
ポンパドウルで発売のスピルリナパン2種

12345...